知って得する!起業時の利点を活用する資金サポートの方法

起業する際に準備しておくこと

創業融資がオススメな理由とは?

起業を検討している方は、起業するにあたって既に色々情報収集をしていると思いますが、その中でも多く目にするのが、「創業融資がお薦め!」というフレーズではないでしょうか?
創業には、パソコンや機械等の購入費や店舗の敷金などの設備資金と毎月の人件費や家賃などの運転資金が必要となります。
起業のために自己資金を貯めた方の中には、創業時は自己資金で間に合いそうなので、融資は、困った時に申請でもいいのでは?と思っている方もいるようです。
しかし、例え創業時は融資を受けられる可能性が高くても、万一、業績が低迷した場合、創業時とは判定基準が異なります。
一般的に考えても、返済見込みのないところに融資はしません。
創業融資は、無担保・無保障で且つ売上げ実績が無くても利用ができるという、他にはない好条件であるとともに、創業時という真っ新な状態というのが融資を受けられる可能性が高い最大のオススメポイントです。

起業時に利点な創業融資の利用条件

創業融資は、低金利、無担保・無保証で利用できるため、個人や法人としてこれから開業する人には強い味方の制度ですが、その反面、審査は厳しく且つ一発勝負。
万一、審査に落ちてしまうと、原則再チャレンジはできません。
そのため、創業融資を受けるためにも、会社を長く続けるためにも、創業前にしっかり準備が必要となります。
融資を成功させるためには、3つの条件とポイントを押さえておきましょう。
3つの条件とは「事業計画書」「自己資金」「面接」です。
その中でも、新たな事業の概要と計画をわかりやすくまとめた事業計画書は最も重要で、この内容が審査対象になり、面接の際にも質問の基になります。
ここでのポイントは、現実的に売上が立つ計画になっているか、借入した資金の返済は計画的か、全てのデータ、数字に根拠があるかなどが重視して見られます。
また、面接では売上や利益などの質問に対して、しっかりと受け答えができるかも勝負です。


この記事をシェアする