知って得する!起業時の利点を活用する資金サポートの方法

税理士や会計事務所はこの道のプロ

専門家へ依頼することのメリット

起業する場合は、様々な書類の作成から、資金サポートを受ける場合は、申請の手続きなどたくさんの準備が必要となります。
しかし、無知の人間が、1から全てやるのは、結構な時間と労力がかかります。
そこで、専門家に相談、一部依頼することも検討に入れてみてはどうでしょうか?
事業を継続して運営していくためには、どの事業でどのくらいの収入が見込めるか、更にはそれ以外の部分でかかる経費や税金、固定費等はいくらかなど収支の部分においても綿密な予算計画が必要となります。
事業がスタートしたら、併せて在庫・数字の管理が必要となってくるため、日々目まぐるしく動く市場の中で、自分のやっている事業がうまく回っているのかさえ不明瞭になりかねません。
そんな時、専門家であれば、見直す必要がある部分を見極め、資金サポート申請が通る書類を代わりに作成してくれるなど、事業の立て直しなどにも大きな力を発揮してくれます。

創業融資を受給するまでの流れ

専門家に依頼した場合、そこが経営支援機関の認定を受けているところであれば、資金サポートを受ける際にも金利が安くなる制度を利用することもできます。
創業融資を受けたい場合、金融機関など融資を申請する機関へ事業報告書の提出が必要となりますが、この書類が明暗を分けると言っても過言ではありません。
事業計画書は、事業の内容、事業の見通し、将来の方向性、目標値、必要資金の算出などを詳細且つ明確に示す必要があり、その具体性などから、資金サポートを受けられるか否かが決まります。
専門家は、設立目的を把握し、事業の見通しを立てた上で、必要な資金額を予測したり、しっかりと事業計画書作成のサポートをしてくれます。
また、資金サポート先を紹介してくれたり、必要に応じて同行してくれるところもあるようです。
創業時の資金サポートを受ける際には、強い味方になってくれるはずです。


この記事をシェアする